セモアファンデーションの美しさ

セモアファンデーションの美しさ

このページのトップへ

ノンワイヤーブラジャー

ポイント1 サイドからしっかりサポート

カラダをタマゴにたとえると・・・
正しいファンデーションは、カラダを前後から圧迫するのではなく、側面から支えます。

つまり、本物のファンデーションはカラダを支えます。(サポートします)※図1参照
しかし、質の悪いファンデーションはカラダを締め付けます。(圧迫してしまいます)※図2参照
人間のカラダとタマゴの共通点は楕円の力学にあります。

図1図2

人間のカラダもタマゴと同じです。
セモアのファンデーションは、カラダの側面から支える独自のパターンを採用しています。だから、長時間の着用をしても苦しくありません。
逆に悪いファンデーションはカラダ全体を圧迫し、苦しさを感じます。
そして着用し続けると体型まで崩れてしまうのです。

図3

バランスの良いノンワイヤーブラの見分け方です。

ポイント2、ポイント3

パターン設計どおり自然な状態でブラジャーを吊るして形状の変化を比較します。
バランスの良いブラジャーはサイドからしっかりサポートし、脇線が垂直になり、ホックはフロントアンダーの真後ろにくることが分かると思います。

セモアのブラジャー   バランスの悪いブラジャー
サイドラインが垂直になります。
サイドラインが上へ開いています。
バックフロントとほぼ並行になります。
バックがずり上がってしまいます。

ポイント4、ポイント5

次にブラジャーを置いてカップの形状を比較します。
カップは着用することにより、その方のバストの大きさに合わせて変化しフィットします。

セモアのブラジャー   バランスの悪いブラジャー
着用するとその人のバスとにあわせてカップが変化し、フィットします。
着用するとカップがさらに横に広がってしまいます。
着用時と同じ様に左右にひっぱられた時、前中心が内側に入ります。(前中心が浮きません)
着用時と同じ様に左右にひっぱられた時、前中心に変化がありません。(前中心が浮いてしまいます)

動画でご紹介

このページのトップへ

ロングガードル

ポイント1、ポイント2

これは快適性とも関わっているセモア独自のパターン構造の技術によるものです。
ロングガードルを置いて、形状の違いを比較します。
ヒップラインを見て下さい。
セモアのガードルはヒップアップ効果が高い位置にでるように設計しています。
また、座った状態の運動量を計算したパターンになっていますので、座ったり立ったりを繰り返しても、カラダにぴったりフィットし、ヒップのお肉が逃げないのです。

セモアのロングガードル   バランスの悪いロングガードル

ヒップの運動量が計算されていますので、ヒップのお肉が逃げません。

ヒップの運動量が計算されていませんので、ヒップのお肉が逃げてしまいます。

ポイント3

ロングガードルを置いて形状の違いを比較します。
足口部分を見て下さい。
セモアのガードルは、人体と同じように前に向いています。
これで、運動しても足の付け根部分が痛くならず快適に過ごせます。

ロングガードル

セモアのロングガードル   バランスの悪いロングガードル
足口が前に向いています。
足口がまっすぐ下りています。

ポイント4

ロングガードルを置いて形状の違いを比較します。
足ぐりラインを見て下さい。
セモアのガードルは、人体と同じ足ぐりの最下部が前側になるようなカッティングに仕上げていますので、長時間着用しても無理に締め付けず痛くありません。

ロングガードル

セモアのロングガードル   バランスの悪いロングガードル

足ぐりの最下部が前側になっています
足ぐりの最下部が中央になっています。

動画でご紹介

以上のことから、セモアファンデーションを着用すると心地よい気持ちで快適に過ごすことができるのです。